子供 虫歯にならない 予防

MENU

小学生の虫歯治療

小学生になると自分で歯が磨けるようになるので、随分楽になったと感じますがお子さんの口の中最近見ましたか?
小学生の約半数に虫歯があるという統計結果が出ています。
小学校低学年だとまだまだ乳歯があります。実は小学3年生の虫歯率は6年生の虫歯率よりも高く乳歯はどうせ抜けてしまうので治療しないという方が少なからずいらっしゃると考えられます。
永久歯は二度と生え変わらないからしっかりハミガキしなさいという親御さんが多いのかもしれませんね。

 

まずは虫歯の予防ですがまず、食べたらハミガキをすること。フッ素を塗布すること。そして3カ月おきに定期健診に行くことです。虫歯の進行は結構速いので、半年も放っておくと虫歯はかなり大きく深くなります。
大きくて深い虫歯は削るのも大変ですし、痛みも伴います。お子さんが大きくなったとしても治療が楽しみという子はおりません。3カ月おきに歯科検診を受けるだけでたとえ虫歯があっても小さいうちに治療することができるのです。

 

でもどうしても虫歯になってしまうこともあります。そのときは永久歯ですから大人と同じ治療方法になります。ひどい場合は銀歯にしなければなりません。
小学生といってもまだまだ子どもです。虫歯は親の責任ですので、しっかりハミガキ、フッ素の塗布などの予防はもちろん、虫歯ができてしまった場合も早めに見つけてあげてくださいね。