MENU

気をつけているのにできてしまう虫歯

気をつけていても何故かなってしまう子供の虫歯。
虫歯の原因はいくつもあります。
ひとつひとつクリアして子供が虫歯にならないように予防しましょう。

 

では、どうして虫歯になってしまうのでしょうか。
その理由としては、親の虫歯菌が子供に伝染ってしまうことが上げられます。
もともと子供が虫歯菌をもっているわけではありません。
ものすごくまれなことでは有りますが、歯を磨かなくても虫歯にならない人が世の中にはいます。これはミュータンス菌が口の中にいないからなんです。

 

子供が小さい時に口の中の菌のバランスが定着します。
その期間まで虫歯菌がいなければ、虫歯にならないということです。

 

では、どうしたらいいのでしょうか。
実際には、食べ物を共有の箸やスプーンで使わないというのが鉄則です。

 

もう使ってしまったよという人は一生懸命歯磨きをしてください。
その時は虫歯除去用成分を使って歯磨きをすることをおすすめします。

 

ブリアンは虫歯除去専門成分BLIS M18を歯磨き粉に採用しています。
無添加で国内生産の歯磨き粉なので子供にも安心して使うことができます。

 

実際に使ってみるとイチゴ味が評判で、歯磨きが好きになったというお子さんもたくさんいます。

関連ページ

乳幼児の虫歯治療