乳幼児の虫歯治療

MENU

乳幼児の虫歯治療

 

 

乳幼児の虫歯は治療が難しいのです。なぜなら、大人しくしてくれないからです。最初はよくわからないので見せてくれますが、痛い思いをすると次からは歯医者に行くのを嫌がり、泣き叫び・・・なんてまるて地獄絵図です。
親子も子どもも先生もみんな疲労困憊なんてことになりますね。
乳歯の虫歯は大人の虫歯のように真っ黒ではないので見つけにくいです。しかし、奥歯や歯と歯のすきまに不自然に丸い穴が見えたら虫歯かもしれません。ほかにも歯が薄くなったりする子もいます。乳歯のエナメル質は永久歯の半分しかなく、虫歯の進行が早いんです。放っておくとどんどん進行しますので、どうせ抜けるから・・・と思わずに歯医者に行きましょう。
実際どんな治療をしてくれるのでしょうか?

 

初期の虫歯ならフッ素を塗布します。
小さい虫歯なら虫歯を削ってからプラスチックを詰めます。
深い虫歯の場合は永久歯を変色させたり歯並びが悪くなるなどの影響が出ますので、しっかり治療しなければなりません。場合によっては抜歯もあります。
しかし乳歯を抜歯すると永久歯が生えてこなかったり生えるスペースがなくて歯並びがガタガタになることもあります。

 

小さい子の虫歯治療は泣いて暴れるので、進行するほど難しくなります。あまり暴れて危険なときは全身麻酔をすることもあるそうですよ。
ここまでひどくなる前に、小さな虫歯のうちに気が付いてあげてくださいね。